2018年07月11日

実家もうちも無事です

西日本豪雨災害、日に日に亡くなった人の数が増えていく。

特に故郷広島では、各地で山崩れの犠牲になった人が多く、心が痛い。

沖縄の友人や仕事先の方たち、東京や広島のもと職場の方たち、ブロ友さんなど、多くの方たちにもご心配頂きありがとうございました。

うちの実家地方は山に囲まれた盆地なんですが、実家がある場所は、その盆地の中央って感じなので、山からはずいぶん離れていたり、氾濫するような大きな川などが近くにないので、特に被害はありませんでした。

とは言え、夕方から全国ニュースで実家のある都市名が連呼されはじめ、慌てて兄にメールしたのですが、仕事中でなかなか返信がなく、22時過ぎにようやくメールが来てひと安心。

翌朝、ログハウスの先輩や、沖縄に毎年遊びに来る先輩夫妻の無事も確認して安堵。

なぜすぐに避難しないのか、自己責任うんぬん言う声が聞こえてくるけれど、ログハウスの先輩から聞いた話しだと、そんなひどいことになる雨とは思わなかったとのこと。みんなそうだったんじゃないのかな。
避難指示も、夜の時点で先輩が住む市内は、一部地域しか出ていなかったそう。

それでも、衛星TVしか入らない山奥で情報もあまりない中、雨の音が恐怖に感じるくらいの大雨がすごく長時間続き、先輩宅は山の麓なので土砂崩れを心配して避難しようと思ったらしいけど、夜遅かったのと、甲斐犬がいるのと、何より里山に降りる道がすでに川のように水が流れていたので避難しようがなかったらしい。

その夜は、死まで覚悟するほどだったらしく、それでも「来るべき時はくる、自然には逆らえず生かされていることを実感した、だからやりたいことをして、会いたい人には会っておかないと、と思った」と、達観している先輩に、それもまた死生観なのかと考えさせられたり。

翌々日、兄にも電話したら、スーパーに食料があまりないくらいで大丈夫だけど、市内の〇〇と〇〇、〇〇でも亡くなっとるし、〇〇はがけ崩れしとるし…という声が涙声で、ほんとにめったにない災害で変わり果ててしまった地元にショックを受けてる様子でした。

被害を受けた人はもちろんのこと、直接被害を受けていない人たちも、心を痛めている、と思いました。

電話した時は、ガソリンや食料が売り切れだったり、道路が寸断されててライフラインが心配されていたけれど、少しずつ、戻ってきているようです。


こちら沖縄本島は、心配されていた猛烈な台風8号の影響はさほどなく、今日は片付けに追われていますが、被災地を思えばほんとにどうってことのない片付けのように思います。

でも今後は、災害が起こった時に、どういう場合に避難するか、といったシュミレーションを各自でしておくことが大事に思います。

今回、沖縄本島は強風域にあってもかなりの暴風だったのに暴風警報が出なかったりで、けが人が多く出ていました。

平均風速が25m以上じゃないと警報出さない、というマニュアル通りの警報ではなくて、体感でどうなのか、暴風警報を出さなければ学校は休校にならないので、この中を小学生が歩いて登校してほんとうに大丈夫なの?という目線はないのか。

警報って、数値のためのものなの?人を守るためにあるものでしょう?

気象庁の警報や市町村の避難指示をたよりにするのではなく、自分自身で情報収集して判断し、早めに行動しなければ、命は守れないのだと痛感しました。

命を守る行動をとって下さい、を聞いてからでは遅いんだ、と。



被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

そして真夏日での後片付け、熱中症には気を付けて。

駆けつけることはできないけど、寄付金という形で沖縄からエールを送ります。




posted by はんのじょう at 11:11| Comment(4) | 日常・その他いろいろ | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

近況

もう5月も終わりですねえ。

GWが終わって梅雨入りした沖縄ですが、今年は雨がほとんど降らず、ずっとよい天気続きです。
明日からようやく雨の日が続きそうですが、ダムの貯水率も50%を切って、この夏の水がめが心配な今日この頃です。

ブログもすっかりご無沙汰してしまって。
来月初めに、いつもブログ見てくれてる友人に会う約束をしたので、先手を打って近況報告など。会って話せばよいのですけど。笑

GWは知り合いのピンチヒッターでお仕事を入れ、9to6で7連勤の「Working Week」を過ごしておりました。

座りっぱなしのお仕事で腰痛悪化したり、新しいことを覚えるのが大変で神経が高ぶっていたのか夜中に目が覚めたりと、体力的には大変なこともありましたが、おやつ食べる暇もなかったので少しスマートにもなったし、お小遣い稼ぎにもなったし、仕事内容も昔の仕事が活かせる内容でだったので、まだまだできるんだ!と自分の自信にもつながったしで、結構いいことづくめなお仕事でした。

朝晩の通勤も、那覇方面へ向かうにはすごいすいてて、休日は15分くらいで行けたのも◎!!

何よりも一緒に働いたみなさんと年代に関係なく楽しく過ごせたので、自分に壁を作らなければ若い人とも一緒に仕事することもできるんだな、と分かったことが収穫になったGWでもありました。


GW前は、確定申告終わって少し時間もできて、やんばるに日帰りで撮影に出かけたり、そのうち2回ほどキャンプで泊りがけでおでかけしてきました。

キャンプしたところは、2回ともやんばるの「ダム」です。
事前にFAXで申し込みをしておけば、無料で利用することができます。

撮影がメインなので、撮影が長くなって夜遅くに着いて、ささっと夕飯食べて寝るだけ~って感じでしたが、満天の星空を見ながらワイン+豚しゃぶはなかなかいい感じでした。

夜遅くの撮影では、1か所で撮影終えて昼間に目星をつけてた所に移動してる時に、「ヤンバルクイナがいたらいいね!」って話してたら、姿は見えなかったんだけど、三脚のセッティングを終えたとき、すごく近くで「ケーン、ケキョケキョケキョケキョ」ってヤンバルクイナの鳴き声が響き渡ったのです。まるで「ここにいるよ!」って言ってるかのように!

ダムでも深夜寝る前、早朝、鳴き声が聞こえてきました。



テントはパートナー氏が新調してくれたのですが、最近のテントは、折り畳み式でとても小さくなるし軽いし、組み立てもカンタン、でもしっかり雨風しのいでくれる感じで、ちゃんとしたキャンプしたの小学生以来!?(覚えてないだけかも)な私は感動しきり。

0530-1.jpg

暑くなってくると、ちょっと外では寝れないと思うので、沖縄でのキャンプは3~4月とか12月あたりがベストシーズンになるのかな。



ほろ酔いで撮ったダム湖。

0530-2.jpg



ちょうどやんばるは新緑の季節でしたので、大国林道や奥与那林道をプラプラしたり。

0530-5.jpg

0530-6.jpg



西表ほどではありませんが、沖縄本島にあるサキシマスオウノキを見に行ったり。(安波と東村)

0530-3.jpg

0530-4.jpg



しーちゃんも相変わらず元気ですよ。

0530-7.jpg

最近なぜかパソコン机で寝るのでちょっと困ってマス。。。



GW後も、いろいろお出かけしましたが、それはまた今度にでも。



前回、ちょっと重たい記事やら、とりとめのないことを書きましたが、写真classでいろいろ言ってくるおばちゃんがいるもので、(写真classではあまり自分のことは話してないのもあるけど)、「私は幸せなんですよ」って宣言して、あれこれ細かく書いておかないと、幸せに見られないのかなあ?と思ったりしたけど、最近は別にそう思われようが、気にしないことが一番やと思うようになりました。

他人が自分のことをどう思ってたって、自分自身が幸せやーって思ってればいいのやーって。

自分を生き切ったらいいのやーって。



まあ、でも沖縄に来てからずっと幸せですよ。(^^)


posted by はんのじょう at 23:07| Comment(9) | 日常・その他いろいろ | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

死について

お正月からあっという間に3月に!
沖縄は日中は連日初夏のような気温になりつつあります。

1月は少しゆっくりできたのですが、先月は5度目の伊是名島のお仕事やら、学校関係のお仕事やらで忙しくなり、今月は確定申告もありましたが今日ギリギリ提出して、ものすごくほっと一息ついております。

先月は、3年前に17年ぶりの再会を果たした親友の訃報があり、悲しい日々の中でもありましたが、仕事の忙しさもあって、心の整理もつかないまま日々が過ぎていきました。
3月に入って仕事が少し落ち着き、東日本大震災から7年の様子も多く伝えられたこともあり、「死」や「生きること」について再び考えさせられておりました。

親しい人の死はなぜに悲しいのだろう、死んだらどうなるのだろう…

と思って、Google先生に聞いてまわっていたら、悲しいのはその人を偲んで泣いているわけではなく、会えなくなることへの執着、残された自分が可哀そうであるという悲しさや、亡くなる時の痛みやしんどさを想像して、自分に訪れるであろう死を不安に思って悲しくなるのであろう、そしてそれは死者の人生を尊重していないことになることなどが書かれていました。


友人とは、1月までSNSを通じてメッセージのやりとりをしていたので混乱していたのもありますし、私と同じ年齢で家族を残して逝ってしまったこと、残された友人の家族のことを思うと悲しいばかりでしたが、今は、友人は友人の人生をきちんと生き切ったのだな、と思うようにしています。

3人の子供を明るくしっかりと育てあげた人生。
3年前に会った時、すごくすてきな子供たちだった。
子供たちのことも心配だけど、きっと彼女の子供なら、大丈夫。

人間はいつか死ぬ。必ず死ぬ。私も明日死ぬかもしれない。

でも私が死んだ時に、親しい人が会えなくなるのは寂しいと思ってくれるかもしれないけれど、私の死は悲しいと同情されるのではなく、あなたらしく生きたね、と思ってほしい。


私は今とても幸せです。

持ち家があるわけでもなく(実家はあるが笑)、高級車に乗ってるわけでもない。
毎日高級なレストランに行って美味しいものを頬張ってるわけでもない。
平凡で、結婚もしないで家族もいなけれど、今の私は幸せ、と思える心がある。


やりがいのある仕事があって幸せ。
仕事でいろんなところへ出かけていろんな人に出会えて幸せ。
しーちゃんとベランダで日向ぼっこする時間があって幸せ。
ファインダーをのぞいて熱中できる時間があって幸せ。
時々パートナーと過ごす楽しい時間があって幸せ。

すみません、のろけではありません。(のろけになってないか。笑)
明日私が死んだら、これを見て「可哀そうに」と思うのではなく、はんのじょうはそれなりに幸せだったんやね、とでも思って下さい。



何かがあるから幸せ、誰かがいるから幸せではなく、幸せと思える心があるから幸せ。
「幸せじゃあ~」と思いながら過ごす時間があることが幸せ。

いろいろ読んでまわった先の仏教書にあった「摂取不捨の利益」とは、そんなものではないかしら。
死んだらどうなる
豊臣秀吉の辞世の句から学ぶ

咲き誇った花も散るときが来るように、死の巌頭に立てば、必死にかき集めた財宝も、名誉も地位も、すべてわが身から離散し、一人で地上を去らねばならぬ。
「摂取不捨の幸福」こそ人生の目的



何かを失うことを恐れず、死を恐れず。不安からくる行動をしない。


でも、
いつか何かを失うようなことがあったら、うんと泣いてしまうと思うし、自分がこの世を去ることになったらもっと生きたいと思うだろうし、つらく思うかもしれない。いや、実際は絶対つらいと思う。

たくさんの人の死を見てきたであろう、看護師だった母でさえ、元気な時は「死は怖くない」と言い切っていたけれど、いざ癌という病気の前にした時、痛みと戦いながら気丈に振舞っていたけれど、一度だけ私に本音を打ちあけてくれたことがあった。

私も同じ病に直面した時には、同じような気持ちになるのだろうか。
でもそんな時でも、相手の人生も、自分の人生も尊重することを忘れないようにしたい。



Google先生と僅かな人生を生きた経験で感じただけの雑感だけど、今の等身大の私が今思ってること。何十年か先、生き延びることができていて、読み返したら鼻で笑っているかもしれない。

あと、別のGoogle先生からは「SNSで私は幸せとわざわざ書くのはほんとに幸せじゃない」というのも見つけた。

ブログにわざわざ書くのは、ほんとに幸せ、なんじゃなくて、「幸せじゃない」って思われるのが嫌なだけなのかもしれない。

だから、これからもっともっと幸せになるために、あくせくはしないけれど、今幸せにしてくれている周囲の人たちに感謝して、もっといっぱいの幸せに感じることを探して、周りにも与えられるよう、日常のひとつひとつを大切に、いつか人生を終わる時まで、しっかりと自分自身を生きていけたらと思うのです。

母の遺言
「それでも(残されたものは)生きていかなくてはならない」
の言葉の通りに。


posted by はんのじょう at 20:56| 日常・その他いろいろ | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

年が明けたと思ったら2月になっていた件

明けましておめでとうございます。

…って、何月やと思ってんねん!って聞こえてきそうですが。
旧正月は来週だから、沖縄ではまだ早いですよね!?(と言い訳)。

年をとるごとにマイペースさが増してブログもやっと始動ですが、今年もぼちぼち書いていきたいと思います。

今日は1月1日生まれの友人の誕生日会で、回るお寿司屋さんに行ってきまして、そこで友人からまたもや「たまにはブログもアップして!」とのご指摘を頂きましたので、近況報告を兼ねて久しぶりに写真もアップしたいと思います。


年末年始はしーちゃんと広島に帰ってて、久しぶりに寒い正月を過ごしました。年末に沖縄の友人も広島に遊びに来ていたので、一緒に近辺を観光したりもしました。


0210-1.jpg

やっぱり海の幸は新鮮で美味しかったなあ。



ログハウスの先輩宅へも1泊でお出かけしました。
甲斐犬チビも少し年をとった感じでしたが元気に先輩宅を守っていました。

0210-0.jpg



でもやっぱり寒かった!!
実家地方は広島でも特に寒い所でして、久しぶりに見る雪、最低気温も氷点下と、沖縄では感じることのない寒さを思い出して、もう沖縄で寒いって言いません!と思いましたが、今年は沖縄もあられが降ったりで寒いです。

寒いけど、今の沖縄では、桜にコスモスにチューリップに、季節感のないお花がいろいろ咲いているので目には楽しいです。



八重岳の緋寒桜

0210-5.jpg



羽地のコスモス畑

0210-3.jpg



熱帯ドリームセンターのチューリップ

0210-4.jpg



今年は沖展は入選せず、でしたが、県内の「花のフォトコンテスト」に入賞したと先日連絡がありました。
何かもらえるのかな~とワクワクしています♪

今年もそんなこんなで、仕事もプライベートもぼちぼちとよんなーよんなーで、楽しみながら過ごしていきたいと思います。



ブロ友のみなさん、年賀状出しそびれた知人友人のみなさんにとってよい1年となりますように。
今年1年どうぞよろしくお願いします。





posted by はんのじょう at 21:57| Comment(2) | 日常・その他いろいろ | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

10月になったと思ったら11月になっていた件

なんだかあっという間に月日が流れていきますね。
気付けば今年もあと1か月半…。

先月まで4社同時進行での仕事でしたので、けっこうみっちりスケジュールでした。
おまけに台風が来る×2回ほどあって、出張の予定がのびたり逆に入ってくる仕事があったりで、いろんな意味で「ちょっと疲れた」1か月でした。

でも猫撮やら夜撮はストレス解消にきっちり行ってましたけどね♪


最近やっと「自分を犠牲にしないで仕事しよう」が実行できてる感じ。
自分を犠牲にしてクライアントに恨みつらみを持つよりは、クライアントに多少迷惑かかったとしても、自分が納得できて楽しく仕事できた方がいい、と思います。

まあでも、けっこう私の仕事の沖縄の賃金では、生活がやっとできる程度のものなので、この先の自分のことや、後に続く後輩のことを考えると、そう長くは続けられない仕事なのかな、と迷い時な今日この頃です。



そうそう、8月の末くらいに、カメラを買い替えました。
前回の猫写真も、実は新しいカメラで撮っています。

NikonのD750というカメラ。

1117-1.jpg

ミラーレスから一眼レフに戻り、憧れのフルサイズへ。
前回オリンパスのミラーレスを購入した際も、SONYのフルサイズミラーレスと迷ったのですが、いろんな機能の差もありましたが、レンズが高過ぎたのもあきらめていた一因でした。

フルサイズを使うなら、F値の明るいレンズを使わないとあまり意味がないと聞いていたのですが、F2.8のズームレンズだと、1本20万以上するのですよ。

広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズ、がほしくなってくるので、そうなるとレンズだけで60~70万になってしまいます。本体入れると100万近く。
カメラも趣味の世界で、そこまでお金をかける勇気もお金も私にはありません。

そこになんと!
知り合いのNikon使いの方から、フルサイズ用の使っていない古いレンズをお借りすることができるというラッキーな話が舞い込んできたのです。
オリンパスの望遠レンズ等をオークションで売って、本体のみ頑張って購入しました。

古いとは言え、全部F2.8通しの高級な広角・標準・望遠レンズたち!
(後からF2.8の魚眼レンズもお借りしました!!)

1117-2.jpg

レンズを装着すると重い!のが難点ですが、重いのはけっこう慣れてきます。

ただ、購入した時についていたNikonの純正ショルダーの幅が細く、肩に食い込んできて1時間ちょっとの撮影でも痛くなってしまっていたのですが、なんと、太めのショルダーも一緒にお借りすることができたので、長時間の撮影でもそれほど重さを感じずに撮影できています。
(↓こんなの着けてます。※写真はリンク先のAmazonより転載)

1117-11.jpg


なんと言っても、今まで使っていたオリンパスOM-D E-M1の最大の弱点である、夜の長時間露光撮影のノイズが、ほとんど感じることなく撮影できるのが一番嬉しい。
やんばるの真っ暗な中で蛍を撮った時に、長時間露光できれいに撮れなかったことが、買い替えを考えるきっかけになりました。


友人からきたメールに、ブログの写真楽しみにしとるよ!とあったので、それも嬉しかったのでいくつか写真あげておきます。(^^)



先月、伊是名に出張した際に撮った天の川。

1117-3.jpg



シラサギ展望台から見える海ギタラ、陸ギタラ。

1117-4.jpg



この写真を撮っている時に、帰りの2便のフェリーが運天港で故障して、伊是名に戻ってこないかも!今日は帰れないかも!というハプニングが発生。
翌日私は午前中から学校の仕事だったので、学校に連絡とったり、仕事先の方も必死で各所に手配をとってくれたのですが、そうこうしているうちに故障が治って数時間遅れで伊是名に戻ってくることになり、当日中の出航も遅れるけど大丈夫!ということになって、おかげで絶景スポットをもう1か所、連れて行ってもらえ、結果ラッキー!な1日となりました。

↓ちょうど戻ってきたフェリーを絶景スポットから激写!
(ってほどでもないか。笑)

1117-6.jpg

1117-5.jpg



ここからは望遠レンズで猫の国の猫4姉妹。

1117-7.jpg

1117-8.jpg

1117-9.jpg

1117-10.jpg


最後の1匹は姉妹じゃないかもしれないけど、同じ時期に生まれた子猫で、4匹いつも一緒にいます。

猫の国に行く度に、みんな連れて帰りたいな~と思ったりするけど、私が面倒見れるのは今はしーちゃん1匹がせいいっぱい。
そして、4匹が太陽の中でじゃれあってキラキラ輝いている姿を見ていると、それも猫本来の生き方なんだよな、私が「可哀そうだから」「うちで飼ってあげられたら長生きできて幸せなのに」と勝手に決めつけるのも、傲慢な気がするのです。

それは、ある人が、私の生き方にいろいろ言ってきたので、それは違うよ、と思ったからであり。

また時間ができたら、自分以外の人の生き方を尊重できない、お節介おばちゃんのお話しでも書いてみようと思います。

まだ今月も2社ほど残ってるのと、出張も入ってるので、落ち着いたらぼちぼちと。

沖縄も少し寒さを感じるようになってきました。
ブロ友のみなさん、お風邪などひかれませんように!



【追伸】
今年も県展に1作品入選していました。

明日11/18(土)~11/26(日)沖縄県立博物館にて

入場無料です。ぜひご高覧下さい。

ちなみに今回は自撮り写真でも猫写真でもありませんのであしからず。
(=^・^=)




posted by はんのじょう at 22:03| Comment(2) | 日常・その他いろいろ | 更新情報をチェックする