2016年10月30日

コザとカープと

真夏日日数記録更新中」の沖縄、やがて11月になろうと言うのに暑い。

日中の30度超えはもちろん暑いけど、夜も熱帯夜が続き、クーラー1日つけっぱなしが続いていましたが、昨日あたりからようやくクーラーを切って寝れるようになり、今日に至っては昼間もクーラーを切ってすごせるようになりました。

ほんで、昨日はカープ!!
負けちゃいましたわん。

テレビ中継のなかった沖縄ですが、昨夜は撮影に出かけていて、移動中にラジオを聞いて「お!同点になった!」とか途中経過をチェックして、絶対に今日は勝つ!と思ってたんですが、多くのカープファンの思い届かず…。

それほど野球好きじゃないんですけど(笑)、いつも弱いカープがここまで突き進んでいく様は、精神的にしんどかった時とか、ほんとに心の糧になったりしていました。

また来年、日本一めざして強いカープを見せてほしいものです。今年は沖縄キャンプにも行くつもり!!


そのカープのキャンプ地・沖縄市でも、先日訪れた際、リーグ優勝の直後で、おめでとう!の垂れ幕や看板を見かけることができ、私もうれしくなりました。

1030-1.jpg



1030-2.jpg



コザの町は、昔は賑わっていたそうですが、今は昼間シャッターが下りてるお店がほとんど。
商店街なども地元の年配のお客さんがチラホラ歩いてる感じで、ちょっとさみしいのですが、写真を撮るにはなかなかいい感じです。

少しずつですが、空き店舗利用で、おしゃれなお店も新しくできたりしていましたよ。



写真classで訪れた時に撮った写真の中から、カープの「」にちなんで、コザの町で見かけた「赤」の写真をいくつか。

1030-3.jpg



1030-5.jpg



1030-4.jpg



1030-6.jpg



1030-7.jpg



1030-8.jpg



おまけ~新しく改装中のお店の横の建物の、屋根にいた猫の親子。(全部で3匹いました!)

1030-9.jpg

ちゃんと降りてこれたかな…。

カープもコザの町も応援してますわん。



posted by はんのじょう at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄本島・中部 | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

久しぶりに映画館で映画を見てきました

去年、一昨年とお仕事で行った伊平屋(いへや)島。

その伊平屋島でのロケもあった映画「怒り」を、同じく仕事で一緒に行った友人と見てきました。

すごく見ごたえのある、よい映画でした。

ここから、ネタばれ的な内容も少々含まれてくるかもしれないので、これから映画を観に行く方は見ないで下さいネ。
また、登場人物やストーリーはこちらでは割愛していますので、映画を観てない方にとっては「???」な内容になっていると思います。
=======================

伊平屋島のお仕事先の方から「9月中旬公開らしいです!」と聞いて、9回も行った島ですので、それはぜひとも見に行かなくちゃ!とは思ったものの、映画の内容はほとんど分かっておらず。

「殺人事件やら強姦やらけっこう重いらしい」とか、「妻夫木くんがゲイの役」とか、「読売新聞に連載されていた小説」…程度の前知識しかない状態で、殺人事件や強姦とかが目を覆うようなものだったらどうしよう~、とか思っていたけど、そこまでグロでないというか、生々しく描かれていなかったと思います。

でも強姦シーンでは、同じ女性として怖さというよりも、愛してもない人から面白半分に犯されることの惨めさとか、感情移入して気持ち的に泣いてしまいました。

あと泣いたのは、宮崎あおいが愛する人をきちんと信じ切れなくて泣き崩れるシーン。

人を信じることの大切さ、難しさ、みたいなのがこの映画のテーマですが、前知識なくてもそのテーマがよく分かったし、ここ何年か、人を信じることが私自身のテーマでもあったので、見ていてとても共感できる部分があったし、しっかりと相手を信じきれなかった二組の相手が犯人ではなく、犯人を自分の見方と信じ切った「沖縄の青年」の相手が犯人であったということも、ものすごくうなづけたところでした。

信じることを邪魔しているものは、宮崎あおいの従妹が叔父である渡辺謙に言った言葉、

「おじさんは愛子が愛されないと思っているでしょ?」だったか「幸せになれないと思っているのでしょ?」だったか忘れちゃったのですが、そこにあるように私は思いました。

愛する人を信じ切れなかった愛子だけど、相手が戻ってきたことが救いだったり、もう一組の信じ切れなかった妻夫木君の方は、相手が亡くなった後で真実を知る取り返しのつかない絶望的な哀しさだったり。


また、沖縄の問題だったり、沖縄の人が抱える問題だったり、沖縄の人らしさだったり、そういうのも、さらっとだけど的確に描かれているように思いましたが、うちなんちゅのみなさんはどう思われたのでしょうか。

=======================

普段、映画はそんなに見る方ではないので、ほんとに素人が個人的に思った感想ですので、「チラシの裏」程度に見て下さい。
でも観た直後の気持ちを書き留めておきたくて。


個人的と言えば、見ていて「あ、野甫岳だ!」とか、「あ、○○ホテルの車!(実名で登場)」とか、「あ、商工会の〇〇さん!」とか(笑)、私には懐かしい見どころも満載だったので、その辺も楽しめたので良かったです。


今週末はムーンライトマラソンで島中にぎわっていることでしょう。

そして今年も来月、再びお仕事で伺うことが決まりましたので、またイロイロと楽しみです!!

たぶんこの映画のロケが決まったのは、ネットでの情報発信を整備した方がいらして、その方のおかげで決まったのでは…?、と思っていますので、その方をめいっぱい激励して、私も微力ながらお手伝いしてきたいと思います。(^_-)-☆



20161012.jpg





posted by はんのじょう at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄・離島 | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

滝修行?

連休いかがお過ごしですか。

沖縄では那覇大綱挽が行われたりイベントも目白押しですが、毎度のことながら人込みは苦手なのとお仕事もぼちぼちやらないとなので、連休は自宅近辺でのんびり過ごしてます。

気温も32度とまだまだ夏日の沖縄、この連休は子供連れでにぎわっているであろう、普久川滝(真喜屋の滝、フンガー滝ともいう)へ、先週の平日おでかけしてきました。去年に続き今回で2度目です。

車を停めてから滝まで15分ほど、ジャングルのような道を歩きます。

1009-1.jpg

途中、外人の家族連れとすれ違ったくらいで、人はほとんど出会いません。
この日も蒸し暑い1日で、15分と言えど三脚を担いで滝に着く頃には汗びっしょりに。


いざ、滝を「撮る」修行(練習)。

1009-2.jpg



1009-3.jpg



1009-4.jpg


水は割と冷たくて、靴下ぬいで足だけパシャパシャしましたが気持ちよかったです。

帰り道に見かけたキノボリトカゲ。

1009-5.jpg



途中小さな川があって、その川の上にかかった低いコンクリートの橋を渡るのですが、台風で増水した川の水がコンクリートの上を勢いよく流れてて、長靴を持っていかなかった私はそのまま歩くと浸水してしまうので、長靴をはいた同行者におんぶしてもらうことに。

↓去年撮った同じ場所の写真(先週はもっと水が多かった。)
1009-6.jpg

で、おんぶなんてすごい久しぶりなもので、背中を見せられて、小学生の頃のように思いっきり全体重をかけて飛び乗ったら支えきれなかったみたいで、前にふらふら、後ろにふらふら……どしーん!

川の手前(水のない所)でおんぶされたまま、しりもちを着いてしまいました!!
最初は茫然としてましたが、もう大の大人が何をやってんだ!と笑いしか出てこなくて。爆。

現地では気が付かなかったけど、足を殴打したのか、翌日左足に大きなアザを発見したのですが、自分の体重を省みず、相手の年齢を省みず、まるで「親の仇」のように飛び乗ってしまった私が悪い。笑。
あこがれのふわっとした滝の写真も撮れていたので良しとしましょう。

いろんな意味で思い出に残る1日でございました。




posted by はんのじょう at 21:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄本島・北部 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

台風18号

今年は沖縄本島、台風が全くこないと思っていたら、いきなり「特別警報」が出るほどの台風がやってきた。
今の時間、本島最接近中ってとこでしょうか。

今日は朝から暴風警報が出ていましたが、雨風やや強くなってきたなあ~と思ったのは夕方6時くらい。
そして21時現在、特別警報が出ている割には、過去最大級と言われるほど強く感じなくて、2年前の台風の方が強い感じがしますが、これから酷くなるのかなあ。。。

とりあえず、台風対策はバッチリなので、うちでまんじりと過ごすのみ。

昨日のうちに植木のいくつかはお部屋に避難させました。

1003-5.jpg

しーちゃんのモグモグ用雑草も一緒です。


午前中は晴れ間も出ていたので、懐中電灯の電池が切れていることに気づいて近所に買い物行ったり、午後からはぼちぼち仕事しながら、冷凍庫に氷をいっぱい作ったり、お風呂にお水ためたり、夜になってからは友人からもらったキャンドルを点けたりして停電に備えています。

1003-3.jpg

なかなかいい雰囲気です。(^_-)-☆



台風で食品とかいろいろ買い込んでしまいがちですが、何年か前に長時間停電したことがあって、冷蔵庫が大変だったので、生鮮食品はあまり買わないようにしています。
今日のお昼は、冷蔵庫の残り物野菜と、ベランダのグリーンカーテンを片付ける時に収穫したちっこいゴーヤーを丸ごと天ぷらにしました。

1003-1.jpg

1003-2.jpg

ゴーヤー丸ごと天ぷらは、歯応えがいまひとつだったのと、小さいせいか苦みが逆に強く感じたので、やっぱり輪切りにして揚げた方がよさげです。右上はわたと種を揚げたもの。おつまみにグーです♪



夕飯はお麩の会社のお仕事をした時に教わった、お麩のサラダ。野菜があまりない時にさっと作れて便利です。

1003-6.jpg

1003-4.jpg

車麩1本、玉ねぎ4分の1、乾燥わかめ大さじ1、三杯酢か和風ドレッシング

1.玉ねぎはスライサーで薄くスライスし、乾燥わかめと一緒に冷水に10分ほどつけておきます。

2.車麩は1cmくらいにパン切り包丁で輪切りにして、水を入れたボールに20秒ほどやさしく抑え込むように浸して水分を含ませます。(お麩の会社の方曰く、あまり長く水に漬けると歯応えもなくなり、ちぎれやすくなるので、水に浸すのは長くても30秒くらいまでがよいとのこと。)

3.柔らかくなった車麩をしっかり絞って水分をとり、さらに食べやすい大きさに手でちぎります。

4.1の玉ねぎと乾燥わかめの水分をしっかり絞って、3の車麩と合わせ、ドレッシングをかけていただきます。

基本、上の材料だけで十分美味しいですが、私は残り物のもやしもレンチンして一緒に入れ、兄が送ってくれた広島の「塩レモンポン酢(超オススメ!)」をたっぷりかけて頂きました。にんじんとかあれば細切りにして入れたら彩もいいかも。リンク先にあるように、ツナやカニ缶などもあれば、いろいろ加えてもいい感じです。



月~火にかけて、台風でうちに缶詰になって仕事も捗るだろうから…と見越して、土日はお出かけしてきました。

土曜日にムショーに写真が撮りたくなって出かけた「識名園」で撮ったがじゅまるの木。

PA017948.jpg

IMG_2194.jpg


識名園、庭園も良いのですが、木だけで1時間は撮っていられるくらい、木々がステキなんです。

木に近づいて撮ってたら園のおっちゃんに「ハブ出るから気を付けてね」って言われたり、蚊にさされたりしたけど、時間を忘れて撮っていました。

土日は「ほんとに台風来るの?」ってくらい、よいお天気だったのですよ。
台風去って、よい天気が戻ってきたらまた撮りに行きたいなあ~。



がじゅまるの木の森を抜けた先にある、識名園の庭園。

IMG_2250.jpg

IMG_2265.jpg



おまけ 友人が忍者修行に使っているという「クロトンの木」もあったよ~。

PA018052.jpg



2016/10/4追記
大事もなく台風は過ぎ去りました。
今までの感じだと「並」台風って感じ。
最大瞬間風速85mとか、「ただちに命を守る行動を!!」っていう特別警報は大げさだったんじゃないの?って思うくらい、フツーの台風でした。
iphoneから警報もリンゴンリンゴン鳴り響いてて、今朝7時前の「特別警報解除」までリンゴンリンゴン鳴って、解除にまで警報は必要なん!?と思ったり。

特別警報なんて、よっぽどのことじゃないと出してほしくないと思います。
次回ほんとに大変な時に警報が出ても「また気象庁が大げさに言ってる」と言って避難しない人が大勢出てきそう。

友人はじめ、東京の先輩から広島の先輩、各地からメールやら電話やら、ご心配かけました。
これから台風が向かう地域の方々、一応十分注意してくださいませ。



posted by はんのじょう at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | 更新情報をチェックする