2016年12月12日

哀しいこと

ブログを始めて間もない頃からずっと長い間、ブロ友でいてくれている、あーちゃんの大切なポンタちゃんが、先週旅立ちました。

19年と7か月。

人間で言えば大往生ですね。

でも、人間と同じで、いくつになってもずっとずっと一緒にいてほしいと思うもの。

実際にポンタちゃんには会ったことはないのだけど、私もあーちゃんのブログを10年以上見てきて家族みたいに思ってたから、ブログで訃報を見て涙があふれました。

あーちゃんから愛情をいっぱい注がれて幸せな猫性だったと思います。
そしてあーちゃんもまた、ポンタちゃんから幸せをいっぱいもらって、ほんとに幸せだったと思います。

あーちゃんがポンタちゃんが亡くなった日に書いていた「ポンタとの19年7ヶ月、幸せで幸せで・・・」という言葉がとても心に残っています。


私も両親の死、愛犬2匹の死と、悲しい時を何度か過ごしてきて、今でもふと急に悲しくなることもあるけれど、これから先に大切な人、大切なペットとの別れがあるかもしれないけれど、それでもみんなと過ごした時は幸せで、かけがいのない時間、宝物であるのよね。

だから失うことを恐れずに、愛する人、愛するものたちと今このひとときを一緒に過ごせることに感謝して、愛することを恐れないで生きていこうと思う。

私の命もいつ終わるのか分からないけれど、命ある限り、生きてる間にいっぱいの幸せを与え与えられ、幸せをいっぱい感じて過ごしたいと思う。


大切な人の死というものは、パーソナルなものだと思うから、大切な人にしか感じることができないつらさ、悲しさだと思います。
悲しさが癒えるまで、まだまだ時間がかかると思うけど、あーちゃんの傍に駆け付けることもできないのだけれど、沖縄からあーちゃんが元気になるよう祈っています。

少し元気になってきたら、みんな、たまに夢に出てきてくれたりするよ。


ポンタちゃん、安らかに。天国からあーちゃんを見守ってあげてね。
ご冥福をお祈りします。




posted by はんのじょう at 21:49 | TrackBack(0) | 日常・その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444835006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック