2011年07月29日

土用干し日和


イメージ 1


久しぶりに連続して自宅で仕事をする日ができたので、6月から漬けていた梅の土用干しです。
天気もカンカンの太陽が照りつけて、絶好の土用干し日和。
明日1日干せばできあがり。

梅干しを漬け始めたら、おばはんの領域ぢゃ・・・
と、勝手に思っていたけれど、とうとうやっちまいましたー。

でもまあ、おばはんの領域に足を突っ込んだからと言って、イヤだわーとは思っていません。

逆に年をとって味覚が変わり、こういうものが美味しく感じられるようになったことや、若い頃はめんどくさくてできなかったことができるようになったり、無駄な時間と思っていたことが、愛おしく思えるようになってきたのは、年をとってから分かってくる楽しさなのかな?って。

これから先、また年をとって、いろんな楽しさがあるかと思うと、年をとることも悪くないなと思います。

梅干しを漬けようと思ったのは、梅干しが急に好きになったのもありますが(妊娠はしてません!)、実家に梅の木があって、毎年小さいけど鈴なりに実るので、今年は沖縄に送ってもらいました。

ところが、送ってもらった梅にはあちこち色ムラや傷があって、梅干しにして大丈夫かネットで調べてみたら、そういうのはカビの原因になるから梅ジャムなどにするとよい、とあったので、実家の梅は梅ジャムと梅酒に。

でも梅干しはどうしても作りたくて、スーパーで和歌山産の「南高梅」を入手して、いざ初挑戦。

ネットで「梅干し 作り方」で検索して出てきた2つのサイトを参考に、作ってみました。




イメージ 2


来年漬ける際の自分の備忘録のためにも、記しておきます。

**********************************************************

【材料費】

・南高梅2kg…680円×2 ※1kg980円だったのが6/10~安くなっていた

・ホワイトリカー1.8L…1.180円 ※梅干し用に必要なのはほんの少しだけ、残りは梅酒などに使う

・塩はうちにあるもの(島マース260g)

・手もみ赤紫蘇…生の赤紫蘇を塩もみして使いたかったけど、入手不可でした

【道具費用】

・漬物用5号樽(日本製)…500円くらい

・漬物用ナイロン袋(2枚入)…200円

・重石用ダンベル2kg×2…700円×2 (途中で4kg⇒2kgに変更するため2kg×2が必要)

・土用干し用の竹ざる(日本製)直径45cm…3,100×2(梅2kgだったら、1つで十分干せた)

※道具などは、リンク先にあるように、中国製のものは酸で溶けたりするので日本製のものを使う


【来年の課題】

・生の赤紫蘇を探す

・来年はホワイトリカーの代わりに泡盛の度数の高いものを使い、塩を減塩してみる

※今回2kg買った梅のうち傷ものを取り除いて1800gだったので、塩の量は約15%くらい。

漬けてる途中でカビが心配になり、ホワイトリカー100ccを追加したので、塩分は14%くらい?

***********************************************************

漬け物石がね、近くのホームセンターに適当な重さがなかったのでダンベル買って代用(笑)。

今年は道具そろえるのにちょっとお金かかっちゃったけど、来年からも使うし、漬け物用の樽は、このお盆休みに味噌作りにも使う予定。

これで秋くらいの朝食には、手作り味噌に梅干しときゅうりの糠漬けが食べられるはず。

ますますおばはんになっていくやんか~・・・ (-"-)





posted by はんのじょう at 10:46 | TrackBack(0) | おうちごはん | 更新情報をチェックする