2013年11月28日

小さい秋見〜つけた

先週土曜日、写真classで行った、
沖縄本島南部・南城市の「糸数城跡(いとかずじょうせき)」。

itokazu1.jpg


今日は17℃、冷たい雨の降る、肌寒い沖縄ですが、
この日は晴れマークひとつで、気温23℃、暑くもなく寒くもなく、
カメラ持ってウロウロするのにちょうどよい気候でした。
(顔と目は日焼けしちゃったけどね。。。)

itokazu2.jpg


城跡の至るところに、白い小花がいっぱい咲き誇っています。

itokazu3.jpg

itokazu4.jpg


先生が「あまり管理されてない城跡の方が、写真を撮るにはいいですよ」と言われたように、
自然の中に、ただ城跡がある、だけの風景。
なんともなしに、「夏草や 兵どもが…」の句が思い浮かんできます。


白い花、うちに帰って調べてみたら、「ハイアワユキセンダングサ」という花でした。

リンク先にもあるように、この花には蝶々が集まってくるようで、
当日はここに蝶の個体調査をしてる方がいらっしゃっていて、
帰り際に、その方たちがナンバリングされたと思われる蝶を発見!

itokazu8.jpg

これも調べてみたら、「アサギマダラ」という、本土からやってくる「渡り蝶」だそうです。



そして本土では紅葉シーズン真っ盛り、沖縄で紅葉が全く見れないかと言うと、
リュウキュウハゼ」というウルシ科の紅葉する木があって、ここ糸数城跡にもポツリポツリ。

この日はなんともなしに「赤い色」に魅かれて、何枚か撮ってみました。

itokazu5.jpg


itokazu6.jpg


itokazu7.jpg



リュウキュウハゼの木は、入り口に数本、ほんとにちょっぴりでしたが、
こうやって目を向ければ、沖縄の紅葉も楽しめないこともないですね。
小さな秋と、諸行無常を感じた、糸数城跡での撮影会でございました。。。





★糸数城跡

すぐ近くまで車で登っていけます。広場に10台くらいは駐車できます。
(舗装されてないデコボコ道なので、車高の低い車とかは底を打ちそう!)

下に「南部観光総合案内センター」があり、そこに車をとめて歩いて登っても5分。
↑南部観光総合案内センターから、「アブチラガマ」という壕もすぐ近くにあります。
戦時中に、ひめゆり学徒隊が看護活動を行っていた壕で、平和学習に毎年多くの人が訪れています。

沖縄ワールド(旧玉泉洞)からもすぐ近く。(車で5分くらい)



posted by はんのじょう at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

親子

今朝は初めて布団を出るのを躊躇しましたし、
夕方のウォーキングも歩き始めは「さぶ!さぶ!」って感じで。
16℃はあったかと思いますが、沖縄県民、20℃下回ると、皆「寒い寒い」と言い始めます。


仕事の方は、年末でさらに「なまなま度」が増しているのか、相変わらずバタバタ。
当日や前日にどばどばっと仕事が入ってきて、土日も仕事やら写真教室でいっぱいいっぱいに。


夕飯も連日外食続きで、
土曜日はお仕事先の方に、首里の親子亭でごちそうになりました。

oyakotei1116.jpg

天ぷら定食。相変わらず美味しいです。

天ぷらは、沖縄風本土風の良いところがまざった感じ?
衣が厚めですが、もったりしてなくて、とてもカラっと揚がっています。
お刺身もキリっとしてて新鮮で美味しい。


土曜の夜でお客さんも多く、この日はカウンターで頂いていたのですが、
後から隣の席に、お父さんと中学生くらいのかわいい女の子が座りました。

どうやらお母さんはお仕事で、お父さんが夕飯を食べさせに連れてきた様子。
(いつも外食するわけではなくて、おうちでもちゃんと作ったりしてるそう。
 冷凍食品とか食べさせたことない!って言っていました。)

沖縄では知らない人でもすぐに普通におしゃべりが始まったりすることが多いのですが、
この日もなんとなく会話が始まって、
お話し上手なお父さんと、中学生の女の子も自然にお話しできる子だったので、
いろいろ楽しくお話ししながらの食事となりました。

親子同志でも、いろんな会話をしています。
うちは、こんな風に仲良く父と食事に出かけた思い出が全くないので、
仲の良い親子が、とても微笑ましく思えました。

今となっては、私は父と一緒に食事することも叶いませんが、
親子で楽しく食事ができるというのは、ほんとに幸せなことなんだと思います。
お父さんも、美味しそうに食べてる娘さんを見ているのが幸せなんだろうな、と思いました。


以前、親子亭に行った時は、隣に顔の知られた有名な方が座られて、
仕事が面白い」と言われていたのが印象的だったし、
今回は「子育て」という一大仕事をしてきた、お父さんの何か…、
子育てしてきた人は厚みがあるというか、どこか違うものがあるように思います。

行くたびに、いろんな方の話しからその方の人生がチラっと垣間見えて、
いつ行っても面白いお店なのでした。


今日はおうちで夕飯。
おなかまわりも心配なので、美味しいお味噌汁に、ご飯とお漬物くらいにしときます♪

posted by はんのじょう at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

あっちゅうまに

今日の午前中は写真の野外撮影会でした。
場所はもう5回くらい教室で行っている、壷屋(つぼや)界隈、やちむん通り

1109-21.jpg

今日はとにかく暑かったー。天気予報では27℃だったみたい。
薄い長そでを来て行きましたが、滝汗かきました。


何度も通う見慣れた場所ですが、毎回違う写真が撮れます。
先生が「ここが面白い!」と教えてくれる所も毎回違うし、
何気ない景色をどう切り取るのか、構図なども、毎回新しい気付きがいっぱい。

やちむん通りに入ってすぐ、おなじみの南(ふぇーぬ)窯

1109-1.jpg

南窯から見える壺屋焼物博物館の建物の側面。

1109-9.jpg

大通りにある古民家。(たぶん、お店かな?)

1109-2.jpg


いつもは大通りから左側のすーじぐゎー(筋道)に入るのですが、今日は右側のすーじぐゎーへ。

1109-22.jpg

1109-5.jpg

1109-23.jpg

古い建物やら、被写体としてそそられる風貌の人が歩いていたりで、
なかなか面白い通りでした。

今日は野良ちゃんたちもいっぱいいたので、めっちゃテンションあがりました。

1109-3.jpg

1109-4.jpg



終わってから、友人も近くの国際通りで仕事をしていたので、
待ち合わせてやちむん通りの「茶太郎」で一緒にランチしました。

1109-6.jpg

1109-7.jpg

カレー、やさしい味で美味しかったです。器も横の店舗で売っているだけあっておしゃれです。
お客さんも、けっこう多かったですよ。


うちに帰って少し休憩してから仕事へ出かけ、みっちり4時間デスクワークして8時過ぎに帰宅。
ご飯を食べて一息ついたらこの時間。
1日あっという間に終わってしまいます。

こうやって、今年も終わるんだろうなあ………。






posted by はんのじょう at 23:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

たらいまわし?

ブロ友あーちゃんブログで、
1日1時間のウォーキングで、乳がんリスクが14%減−アメリカ研究
って記事を見て、久しぶりにウォーキングに出かけてきました。

近くに広くてきれいな運動公園ができたので、
春先は時間があれば日課のようにウォーキングにでかけていたのですが、ちょっとサボってました。
この夏、暑かったのもありますが、ウォーキングをしている公園に行くまでに通る道に、

不良中学生?高校生?が5〜6人たむろして、タバコを吸っているので通れない!

というのが一番の理由。

というか、海とつながる水辺の道沿いで、
去年から今年にかけて整備され、せっかくきれいになったと思ったのに、
まだ街灯がついていないせいか、絶好のたまり場になっているもよう。

見つかりたくなければ自分の部屋でこっそり吸うと思うのですが、
けっこう人も通る道沿いで、前を通ってもタバコを隠すでもなく、
「俺たち不良なんだぜ!」ってのを見てほしい「かまってちゃん」なのかと推察してみたり。
少し前は、野球部のユニフォームを着た学生も一人いました。


時間は夜7時〜11時くらいまでいるので、
遅くても夜7時には帰宅して家族と食卓を囲んで育った私は、

この子たちの親は子供がうちにいなくて平気なんだろうか?何も言わないのだろうか?

と思ってしまいます。


先月、夜9時過ぎでしたが、私は窓を開けて仕事をしていて、
この仲間のバイクが、川沿いを爆音で何度も何度も往復し、
仕事が佳境にさしかかっている私はその騒音に辟易して思わず110番しました。

110「はい、警察です、事件ですか?事故ですか?

私「いや、事件とか事故ではないですが、
 高校生がたむろしてて、タバコは吸うは、暴走バイクはうるさいわで困っています。」

110「バイクは何台ですか?」

私「1台です。」

110「1台?」

私「1台でも改造しているのかすごくうるさいし、迷惑です!」

110「そういうのは○○○警察署(地域の警察署)とかに連絡したらいいのに」


110番は、近くの警察につながって、すぐになんとかしてくれると思っていたのですが、
話し方も「こっちはそれどこじゃない」みたいな急いでる風な言い方だったので、

こんなことくらいじゃ、今すぐなんとかしてくれないんだな!!

と悟った私は、早々に電話を切り、後日近くの警察署にパトロールのお願いの電話をしたのでした。



私「パトロールのお願いをしたいのですが、何課でしょうか?」

警察「地域なんとか課(うら覚え)ですね、おつなぎします。」

警察「はい、地域なんとか課です。」

私「あの、近くの道沿いで夜、高校生が数人たむろしてタバコを吸っていて気分悪いので、
  パトロールをしてほいいのですが。時々暴走バイクもいてうるさくて困っています。
  この前110番したら、こんなことで110番するな、みたいな言い方だったで、こちらに電話しました。」

警察「え、110番がそんなこと言ったのですか!?」

私「いえ、110番するな、とは言いませんでしたが、話し方ではそんな風に感じました。」

警察「いや、そういう暴走バイクこそ、すぐ直行できるのは110番だから、そういう時は110番して下さい。」

私「じゃあ、110番して良かったんですね!?じゃあ今度も暴走バイクいたら110番します。
  あと、タバコ吸ってる中学生だか高校生だかもなんとかしてほしいです。」

警察「それは、区長さんとかにお願いしたらどうですか?

私「え!?そういうのをパトロールするのは区長さんなんですか!?」

警察「そうです、地域のパトロールは区長さんです。」


なんか、親切にいろいろお話しを聞いてくれているようで、
地域なんとか課では、パトロールとかはしてくれないみたいな話しの成り行きで、
じゃあ、今度区長さんが区費の集金に来たら、言ってみます、とは言ったものの、
行事などで大変そうな区長さんを見ているので、そんなことまでお願いするのはなんだかなあ、
と思いましたし、たらいまわしにされた感じ。

未成年の喫煙は犯罪にならないの?それはどこが取り締まるの???

うるさいバイクはどこが取り締まってくれるの?


結局、今日のウォーキングも、タバコを吸ってる不良学生の前を行って帰ってきました。
今こうしてブログを書いている時間も、話し声が聞こえてきます。
なんにも解決していません。



私の願いは、
静かな夜と、仕事後、ゆったりした爽快な気分で、ウォーキングに出かけられること。

せっかく雰囲気のいい、ウォーターフロントちっくな場所になりつつあったのに、
不良のたまり場になってしまっては、雰囲気台無し、みんな気軽に通れません。


1010.jpg


直接注意とかできないし、どうすればいいの?
迷いましたが、ブログに書くことにしました。それくらいしか思い浮かばない。

地域の方が気付いて、
まずは親や学校の先生に知らせてほしいのと、(どこの学校かは私には分かりません。)
警察もしっかり地域をパトロールして、安全で快適に暮らせるようにしてもらいたいです。


posted by はんのじょう at 22:30 | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

聖クララ教会

土曜日は写真classの日。
先週は野外での撮影会、今週は各自撮った写真の講評と講義、と交互で行います。

昨日は講評の日で、先週撮影した写真、十数枚を持って行って見てもらったところ、初めて「この写真はすごくいい!」と言ってもらえました。

自分では、とっても好きな写真ではあったけど、まだまだどの写真が良いとか分からないので、「こ、これですか?!」って感じでしたが、通って1年ちょっと、初めてのことだったので素直にとてもうれしかったです。

またいつか、その写真を掲載したいと思います。


で、それがうれしかったから、というわけではないのですが、土曜日はなるべく仕事オフにするようにしているので、午後からずっと行きたかった、沖縄本島南部の与那原(よなばる)町の聖クララ教会へ撮影へ出かけてきました。

聖クララ教会は、50年以上前に建てられた建物ですが、DOCOMOMO JAPANという国際機関のモダニズム建築100選に選ばれている建物で、建築関係の方などが多く訪れる隠れた名所のようです。

当日、一応事前に電話しましたが、快く見学と撮影を許可して下さいました。
ミサなどない時は、見学などは自由な感じです。
教会に入ると、どうぞご自由に見学してください、と花壇に水やりしてた方がお話し下さいました。


講堂へ向かう通路。
kurara1.jpg

講堂の中。
kurara2.jpg

ステンドグラスの窓が印象的です。
少し高台にあるので、ステンドグラスの向こうには、眼下に与那原町の街が見渡せます。
kurara3.jpg

ステンドグラスから入ってくる光に照らされるマリア様。
kurara4.jpg

マリア様から見た講堂内。年配の方を配慮してでしょうか、前方には畳が敷かれている所も。
kurara5.jpg

ステンドグラスの窓とは反対側の窓。中庭がのぞめます。
kurara6.jpg

気付いたのは、ムダなものが一切置かれていない、ということでしょうか。
整然と、片づけられていています。
kurara6-7.jpg

オルガンもかなりの年代物。KAWAI製。
kurara7.jpg

この日は、ローマ法王が、シリア・中東・世界平和のために断食と祈りを捧げるように、世界中の教会へメッセージが届き、聖クララ教会でも夕方から「祈り」が行わるということで、私も撮影しながら祈りに参加しました。
kurara8.jpg

先ほどのオルガンもちゃんと奏者がいて、讃美歌を奏でていました。
kurara9.jpg

久しぶりに聞く讃美歌、シスターや信者の方たちの優しい祈りの歌声に、穏やかな気持ちになり、しばし心が洗われました。

夕方5時過ぎくらいから始まった祈りは、日が暮れた後もずっとずっと続きました。

kurara10.jpg

私は19時には失礼させてもらいましたが、キリスト教徒や他の教徒のみなさんも、この祈りを一緒に捧げて下さい、というシスターの言葉を聞いて、一応仏教徒の私も安心して退室しました。

この静かな歌声と祈りが、戦闘地域へ届きますように。



posted by はんのじょう at 11:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 沖縄本島・南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする